インドの素材を知るワークショップwithホワイエ 参加レポート

ホワイエ大田市場店スタッフ 長山優

 

ホワイエ主催の、「インドの素材を使ったドライフラワーアレンジメント」のワークショップに参加してきました。ワークショップでは、講師のフラワーデザイナー後藤亜希子さんに「スワッグ」の作り方を教わりました。私は、普段ホワイエ大田店スタッフとして働いていますが、このようなイベントに参加するのは初めてでした。

<スワッグを作るのに使用した素材>

ドライフラワー
スティック状のドライ(ソラフラワー)マテリアル
バナナペーパー、パーチメントペーパー
サリーのリボン
私が参加した午後の回は、大人10人、賑やかで楽しい雰囲気でした。皆さん、テーブルに置いてある花材に興味津々で、早く作りたい!と、まだかなまだかなとわくわく感がとても伝わってきました。

私は、スワッグの形にする工程とラッピングが一番苦戦しました。組み合わせを変えると雰囲気がガラッと変わるので、どれを入れようか凄く迷いました。私が悩んでいるのを見て、後藤さんが「もう少し花を加えてみるといいかも」とアドバイスを下さりました。そうすると、華やかさが増しとても可愛くまとまりました。

周りを見てみると、他の参加者1人1人雰囲気の異なるスワッグが出来ていて、作る人の個性が現れているようで面白いと思いました。

また、ラッピングは3色使用するということで、色が沢山あり迷いましたが、最終的に大田店でどの色が売れているかなと思いだし、よく店で売れている色(ナチュラル、オリーブ)と薄いオレンジを選びました。ナチュラルな感じで可愛くまとまり、合わせやすいことが実際に使用してみて分かりました。一緒に作業していた方にも、私らしいねと言って頂き自分の個性が出た作品が出来ているんだと実感できた事が、とても嬉しかったです。3枚まとめて巻く方法と1枚ずつ巻く方法があることを教わり、今回は1枚ずつ巻く方法にしました。ラッピングの色味を変えるだけで作品の雰囲気も変わり素敵だなと感じました。

仕上げにリボンをおしゃれに結び、スワッグが完成しました。

できた!という達成感をとても感じることができました。

普段、後藤さんとは大田市場で顔を合わせる程度だったのですが、今回沢山話しかけて下さりお話することができ嬉しかったです。私が困っていると、すぐに駆け付けて下さり本当に助かりました。

作業後には、第3世界ショップの商品であるナッツやドライフルーツ、カレーなどをみんなで食べました。私はここの食品の大ファンなので、嬉しくて沢山頂いてしまいました。

普段私は大田店スタッフとして、商品を販売している為、商品自体は見慣れていましたが、実際使用して作品を作るという機会はないのでとても楽しかったですし、実際に商品を作品にしていくことの面白さを実感しました。 今回のワークショップに参加したことで、ホワイエの商品の魅力を改めて感じることができたことはよい経験とりました。また、商品の使い方なども学ぶことができ、今後の販促にもつなげられたらいいなと思いました。また機会があれば参加したいと思います。

Comments are closed.