バリ島で1棟貸しのプライベート空間、12,500円(税抜き)でご提供します

 

インドネシアのバリと言えば人気のリゾート地ですよね。デンパサール空港は国内外の飛行機が1日600便以上飛んでいるのだそうです。インドネシアの中でもヒンズー教徒が多く、朝早い時間に女性たちが玄関や家の一角にある神聖なスペースにお花を飾り、水をまき、線香をあげてお祈りしている姿が見られ、異国情緒漂う雰囲気がすぐ目の前に。

しかし、日本人はヨーロッパ人などに比べて長期休暇をとれる人が少なく、ゆっくり2、3週間滞在という方々も少ないと思います。実はリゾート開発されたバリの地域は空港から1時間以上離れているところがほとんど。静かな海、田んぼが広がる山の中など、いろんな地域がありますが、そこに行くまでが最近は大変です。特に大変なのがいわゆるピーク時と言われる夏休み期間や年末年始。空港で車に乗っても大型バスなどの団体客も多く、道路が限られているのでなかなか前に進まず、ホテル到着まで通常の倍以上時間がかかったという経験をされた方も多いのではないでしょうか?

CWBの仲間であるインドネシアのパートナー・ケトゥ・アディ・プルナワンさんは空港から歩いてでも行ける距離にあるクタ地区で小さなホテルのオーナーです。この度、私たちと協力し、新たに1棟貸しができるヴィラを建設し、4月1日から始めます!これだけ空港に近いのですが、一歩路地に入ると静かで、しかもこのエリアのほとんどがアディさんの親戚の家々。近くの公民館では夕方に地域の若者たちが音楽と踊りの練習をしていたり、人々の生活が垣間見られます。そして少し足を伸ばしてお散歩をするとゲルマンビーチにも行けます!このあたりのビーチはサーフィンも人気があるそうです。

お部屋でゆったり数日を過ごすのもよし(プライベートプール付きです)、着いた日や帰る間際に1日は贅沢してから帰ろうという方も歓迎です!贅沢といっても、4人(ダブルベッド2台)で12,500円ですのでリーズナブル!英語が不安な方も予約時のやり取りは日本人が応対し、現地でも周りに日本語が少し話せるインドネシア人もおりますので(アディさんの甥っ子はこの度日本語検定に合格して沖縄のリゾートホテルに就職)、何かあったときは日本語で応対いたします。また、空港の送迎、近くのショッピングモールやお勧めのマッサージ店などへはこのホテルの車でご案内できます。

もっとディープにバリの文化、生活に触れ合いたい方には、お料理体験や衣装の着付けなどもご用意いたします!(別途参加費要)