雑穀を毎日食べよう!

雑穀を毎日食べよう!

Bangalore
インドの北のほうより南のほうが雑穀を日常的に食べることが多いです。このランチメニューは私が住んでいるバンガロールのお気に入りのレストランのものです。 プレートに載っているのは、ごはん、サンバー(鹿肉)、バターミルク、野菜、ラギボール(代表的な雑穀の1つラギを使ったもの)。ラギボールはとてもお腹が膨れるので、これを食べると、夕食、あるいは就寝まで全然お腹が空きません。     基本的なラギボールのレシピはとても簡単です。家で作ってみてはどうでしょう?   1) 水、塩、ギーを混ぜます。 2) それを沸騰させます。 3) それにラギ粉を加えます。 4) もう一度沸騰させます。 5) それをボール状にして完成!   そして、これが私の大好きなほかの雑穀メニューです。 1.マッシュルームとチーズの雑穀パンケーキ     2.雑穀チャパティ付のグジャラートの伝統的なグジャラートの食事     ネパールと日本のチームが共同で雑穀バーや雑穀を使った食べる食器の開発プロジェクトも進行中です!お楽しみに!   Written by Anna Iwasaki, CWB India
Read More
食べたものからしか、カラダはつくられない。雑穀の驚くべき健康効果。

食べたものからしか、カラダはつくられない。雑穀の驚くべき健康効果。

Gujarat
  雑穀の健康効果は日に日に世界中に広まっています。グルテンフリー、食物繊維やミネラルの豊富さ、栄養価の高さから、血圧低下、心臓発作のリスクを減らすなど様々な生活習慣病に効果があるとされています。また、日本では、ダイエットに良いとされ、たくさんの女性がお米に混ぜたり、美容の一環で食べることが増えています。   そして、インドは雑穀の生産大国の1つです。小麦やお米の代わりに雑穀を植え、地方では雑穀を食べる習慣があり、彼らの健康が保たれています。   先月、私はグジャラート州のカッチを訪ねました。ラバリと呼ばれる部族の遊牧民がいます。彼らは約1000年前にイランからカッチにやってきたと言われています。家や車はなく、何百もの羊や山羊と一緒に農場から農場へと移動しながら暮らしています。農場の所有者も、また、羊や山羊が雑草をただで食べてくれるのでしばらく滞在することを許可します。それは面白いWin-Winの関係です。 ラバリの人々は主に菜食主義者であり、伝統的に雑穀のチャパティと牛乳だけを食べます。そして、彼らは90~100歳といった非常に長い寿命で、とても強く健康的です。私は、彼らが雑穀を食べる習慣があるからだと思っています。 最大の理由は、雑穀がそれだけ寿命を延ばせるほどに十分栄養価が高いということです。そして、ほとんどの雑穀が有機的に生産されているということも重要な点です。農薬は私たちの体に害を与えます。エアコンの効いた部屋で十分なケアを受けて育つようなお米とは違い、雑穀は何の助けもなしに、ほかの雑草との過酷な競争の中を打ち勝ち、強く育つので、マイソールの有機栽培農家アナンド氏が「this is the beauty of millets」と私に教えてくれたことが思い出されます。   Written by Anna Iwasaki, CWB India
Read More